外断熱住宅の暖かい家|気密住宅|富山 注文住宅のセキホーム

工法構造

  1.  

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) セキホーム 富山

2014年4月閣議決定しました「エネルギー基本計画」。住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅の実現を目指すとする政策目標を掲げています。これをゼロエネルギーハウス「ZEH」(ゼッチ)といいます。

POINT 一次エネルギーとは ?

石油や石炭、天然ガスや太陽光など自然界から得られるエネルギー源のことです。これらを変換、加工して得られる 電気・ガソリン・都市ガスなどを「二次エネルギー」といいます。つまり家庭で消費するエアコンや給湯機・照明器具などの二次エネルギー消費量を減らすことで、一次エネルギーを減らすことにつながります。

つまり 高性能断熱材やサッシを使用し、高効率機器を採用することで「減らす」
太陽光発電システム等を採用することで「創る」
それにより、消費エネルギーを「ゼロ」とする住宅です。

さらに、セキホームは高断熱外断熱住宅を、全てのお客様にご提案していますので、
新築当初の住宅性能を長期維持が可能です。
すなわち、将来に渡り「消費エネルギー0」の生活を実現できます。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のイメージ セキホーム 富山

POINT.1 省エネ

断熱性能・気密性能を高め、植栽等による通風や日射遮蔽を利用し室内の温度を年中快適に保つことで エアコン等の空調システムの使用頻度をを低減。さらに、高効率機器を採用することで、無駄なエネルギーのロスを抑えます。

POINT.2 創エネ

太陽光発電システム等で自然エネルギーを利用し住宅で使用するエネルギーを創ります。昼間使わない時間帯は売電、夜間は電力会社から買電します。環境負荷が少なくCO2削減効果も高い地球にも家庭にも優しいクリーンエネルギーです。

POINT.3 エネルギー計測装置(HEMS)

家庭で電気を使う、創るを電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況が把握できます。 どれだけ使っているか、創っているかを見える化することで無駄なエネルギー消費を抑え効率よく使うことができます。

POINT.4 蓄エネ

太陽光で作った電力や、割安な深夜電力を蓄電池に貯めておけば電力料金の高い日中などに使うことができます。 発電量が変動しても蓄電池がアシストし安定的に電気を供給、また万が一の停電時も安心です。

ZEHのメリット

ポイント1 家計にやさしい!

北海道、東北北部基準の省エネ性能なので、ZEH仕様(太陽光、HEMS等)に 変更のみコストアップ。 建ててからは税制の優遇があり、ランニングコスト0なので、コストアップ分をまかなえます。 さらに住宅自体の資産価値もUP。

ポイント2 家族と住宅にやさしい!

高い断熱性能と気密性能で、ヒートショックやカビやアレルギー軽減につながります。もちろん結露はないため住宅にとっての大切な構造部材も腐りません。

ポイント3 地球にやさしい!

節電・節水・太陽光発電による自然エネルギーを利用した創エネで、環境負荷が少なく、CO2削減に貢献できます。

ZEHには補助金が交付されます

国はZEH仕様の住宅を購入しやすいよう補助金を出し、普及を促進しております。
ZEHの普及目標を掲げ公開する事業者を「ZEHビルダー」として登録する公募を開始しております。この登録は「平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の交付要件となっており、セキホームは「ZEHビルダー」登録申請を行い登録されました。

お問い合せ

ZEH仕様の住宅に関するお問い合せ・ご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合せ

HOME > 工法構造 > 外断熱

↑ページの先頭へ

これから家を建てる方へ。