隣居スタイルで暮らす家|富山 注文住宅|セキホーム

隣居スタイルで暮らす家

二世帯住宅ではなく、敷地内に2軒の家を新築。

二世帯住宅ではなく、敷地内に2軒の家を新築。

四世代の家族が近くで暮らすとき、二世帯住宅という選択もありますが、
私たちは、敷地内に2軒の家を新築するスタイルの方が良好な関係を保てると考えました。

前の家から残した庭を眺めながら過ごす、穏やかな時間。

前の家から残した庭を眺めながら過ごす、穏やかな時間。

最初に私たちの親世帯の家、その後で子世帯の家という順で建てていきました。両方の家のリビングからは前の家のまま残した庭の草木が眺められるようにしました。風通しがいい明るい家が共通した希望でした。

プライベートを大切にした、子世帯の書斎スペース。

プライベートを大切にした、子世帯の書斎スペース。

息子夫婦の家は若い感覚で作られていますね。
趣味で使える書斎スペースなどもあって…あれはいいなと思います。
リビングを中心に回遊性がある設計なので孫も走り回っているようです(笑)

暮らしてみて家全体が暖かい、涼しいを実感。

暮らしてみて家全体が暖かい、涼しいを実感。

実際暮らしてみて冬の光熱費はすごく安くなりましたね。家全体が暖かい、涼しいというのは実感しました。 家族が近くに暮らせるというのは家事・子育て・防犯などいざという時の安心感があります。
ほど良い距離がかえって世帯感のコミュニケーションを生み出すのかもしれませんね。

お客様の声

四世代の家族が近くで暮らすとき二世帯住宅という選択もありますが、私たちの場合、敷地内に2軒の家を新築するスタイルの方が良好な関係を保てると考えました。
2軒の家の玄関の向きや敷地内の配置は工夫しました。
玄関やリビングが向き合っていると別棟であってもお互い気を使ってしまいますから…
プライバシーが保たれるように、うまくずらした位置にしてもらいました。

セキホームさんを最初に知ったのはフリーペーパーに掲載された紹介記事です。
他にも色々なメーカーを見て回りました。セキホームさんの展示場へは新築計画中というのを隠して行ったのですが、それでもスタッフの方は詳しく、丁寧に案内してくれました。
説明が分かりやすかったことは決め手の一つでしたね。それからセキホームさんの本社にも割と近いところに住んでいますので、完成後も何かと安心かなと。

最初に私たちの親世帯の家、その後で子世帯の家という順で建てていきました。
両方の家のリビングからは前の家のまま残した庭の草木が眺められるようにしました。
風通しがいい明るい家が共通した希望でした。

息子夫婦の家は若い感覚で作られていますね。趣味で使える書斎スペースなどもあって…あれはいいなと思います。リビングを中心に回遊性がある設計なので孫も走り回っているようです(笑)

私たち親世帯の家のこだわりは将来の事も考慮したバリアフリーですとか、それからお茶を点てられるよう和室に炉を切ってもらったことでしょうか。
それから妻の密かな楽しみとして2階のプライペートなトイレの壁紙には好きなキャラクターがデザインされた物を使いました。

実際暮らしてみて冬の光熱費はすごく安くなりましたね。家全体が暖かい、涼しいというのは実感しました。 家族が近くに暮らせるというのは家事・子育て・防犯などいざという時の安心感があります。
ほど良い距離がかえって世帯感のコミュニケーションを生み出すのかもしれませんね。

家づくりは決めなければいけないことも多いです。たくさんの選択肢があるので自分たちだけでは目移りして全体が見えないときもありました。そんなときセキホームさんのアドバイスはとても頼りになりました。

富山県富山市T様邸

セキホームがご提案する住宅

緑がよく映える庭をリビングから悠々と眺められる、とても素敵な2軒です。
お孫さんが庭を横切り2つのリビングを楽しく往来される姿が目に浮かびます。
二世帯住宅をご計画のお客様からも関心を寄せられそうな「隣居スタイル」生活。
仲の良いT様親子のお手伝いができ、本当に良かったと思います。

子世帯完成 H28年5月
親世帯完成 H27年8月

HOME > 施工例 > 隣居スタイルで暮らす家

↑ページの先頭へ

これから家を建てる方へ。